初めてのお客様カートの中を見るお問い合わせ

Tea

全銘柄

-烏龍茶

樟樹湖
四季春
凍頂烏龍
金萱烏龍
文山包種

-紅茶

老茶樹紅茶
阿里山・紅玉・日月潭


-茶器
-茶道具

ブランド別

台灣宜龍 EILONG
華剛茶業 Hwa Gung Tea
元融堂 Yuan Rong Tang
山生有幸 Centennial Tea Craft
山里日紅 Sunrise Re Pot
東邦紅茶 TungPang Black Tea
ハイティー HiTea
無藏 Wu-Tsang Treasure Tea

ブランド別 > 東邦紅茶 TungPang Black Tea

東邦紅茶 Tung Pang Black Tea

1939年設立された紅茶農園。 主な栽培品種はSHAN種(アッサム種)と台茶18号です。創立者の郭少三氏は、台湾紅茶の栽培と製造の歴史に深く関わった人物として有名です。
東邦茶園の茶畑は、霧や雲が発生しやすく、日中気温差がある南投県埔里鎮に位置しています。その環境条件がお茶の成長に極めて適しているため、東邦茶園産の茶葉は均整がとれ、フルーティな香りと力強いオレンジ色の水色は高い評判を得ています。
また、茶の木の栽培に適した気候の地域に所在しているため、古くから農業研究所の新品種紅茶の試験栽培農園としても協力してきました。
日本が台湾で紅茶栽培と生産を行う中、東邦茶園の創立者郭少三氏は、日本が台湾に持ち込んだアッサム種より、もっと優秀な品種があると信じて、一人でタイのチェンマイの山に行って茶の原生種を探しました。数年の努力によって、原始林の中にアッサム種と同様のSHAN種を発見しました。
※現地の住民が郭氏が発見したの木を指して「SHAN」と呼ぶ事によって、「SHAN種」と名付けた。
郭氏が台湾に持ち帰って栽培した原生種は、現在の東邦紅茶園の主用品種になります。 古木から生まれたお茶という意味で弊社の紅茶ブランド「老茶樹」の名前の由来になります。

「東邦紅茶」

中国語読み:Dong Bang Hong Cha
公式サイト:中国語(繁体字)
受賞歴:
2015 台湾日月潭紅茶コンテスト
        台茶 18 号 特等賞
        大葉種 金質賞

商品一覧